TRX-M845

845ドライブ845パラシングルモノラルパワーアンプ

2011年後半ついにトライオード初のフラッグシップモデルTRX-M845リファレンスが登場しました。
18年間の技術蓄積から生まれトライオードとして決して妥協しない全段3極管構成とし最大供給電圧960Vで2本の出力段845をドライブします。その前段には広帯域のドライバートランスを介しドライバー段の845には860Vを加圧しています。前段と出力段の電源回路は独立していて電圧変動の影響を排除しました。

このことにより定格スペック以上のA級動作で64Wまで余裕をもって出力することが可能です。また同梱の211真空管で211サウンドも楽しめる究極のパワーアンプです。
TRX-M845は845真空管を使用したアンプとして4世代目になる超弩級モノラルパワーアンプです。845真空管を片チャンネル3本も使用し、純Aクラス50Wを出力します。TRX-M845は海外からの声も多く世界最高峰のグレードを目指しました。基本的な回路構成は845ドライブの845パラシングルで純粋な845真空管トーンを大切にし、オール3極管構成で滑らかかつパワフルな音楽再生を目指しました。左奥のトランスケース内には二つの電源トランスが封入されており、右手前がドライバートランス、奥側が出力トランスになります。またフロントパネルにはパワーメーターを装備しております。

回路形式 845ドライブ845パラシングル
使用真空管 <バランス入力段およびプリ段>12AU7×1本、プリ段6SN7×1本
<ドライバー段>845×1本
<出力段>845×2本または211×2本、差し替え可能、全段自己バイアス
定格出力 純A級50W(8Ω)
周波数特性 10Hz~50kHz (-2dB)
SN比 90dB
全高超波歪率 0.1%
入力ゲイン切り替えスイッチ 0dB、-1dB、-3dB
  高品質スピーカーターミナル(バナナ端子ロック可能)
スピーカー出力端子 4Ω、6Ω、8Ω、16Ω
  ドイツ製ノイトリック社XLR端子
入力端子 RCA1系統/XLR1系統 スイッチ切替式(XLR端子は2番ホット/3番ホット切替可)
入力感度インピーダンス 0.9V/100kΩ 845/211バイアス切替スイッチ(バイアスチェックメーター装備)
消費電力 280W
サイズ 横580×奥行440×高300mm
重量 58kg
付属品 211真空管2本、真空管カバー、電源ケーブル