TECHNOLOGY & HISTORY
技術と歴史
History of spendor

半世紀を超える歴史を誇るスペンドール社は確固たる創業精神のもと、流行に左右されず一貫したスペンドールトーンを貫き通しています。
1960年初頭にスペンサーヒューズとドロシーヒューズ夫妻により英国で設立されたスペンドール社の土台は、BBCの音響技術局が集積した経験とノウハウから派生しています。
事実オリジナルのBC1は折り紙つきのスタジオ用モニターシステムとなり、その後BC1は一般市場向けに改良されました。そして現在のスペンドール社の目標は、オーディオとホームシアターのファンの人々に"スペンドールマジック"によるバランスが良く美しいナチュラルなサウンドをお届けすることです。

生粋のクラフトマンシップ

最高級の天然材を使用し手作りに徹したスペンドールのスピーカーキャビネットは、共振や振動変化を防ぐためだけに作られたものではありません。それは変わることのない設計思想をカタチにしたものであり伝統的最高傑作の証でもあるのです。
スペンドールのスピーカーキャビネットの最大の特徴は音響エネルギー変換器の性能を補完するために設計されているという点で、内部補強材から格子織りフロントグリルまで手作りのこだわりと高級感に満ちています。

スペンドールの遺産

2001年初頭、オーディオラボの設立者の一人フィリップスイフトがスペンドール社を買い取って以来、常に革新的な技術と自然な再生音で世界的に知られたスペンドールの評判をそのまま引き継ぎながら、より進歩的なモダンな会社へと脱皮し今日に至っています。

PRODUCT INFO
製品情報

美麗な化粧板のエンクロージャーが目をひくClassic100はかつての銘機S100,S100Pから進化を続けてきたモデルです。もちろんBBCスタジオモニターの功績は数多く、日本ではNHKのスタジオにも納入された実績を持ちます。それらの最高の技術を継承してきたのがClassic100です。まさに30有余年の伝統を誇るフラッグシップ機です。今回のモデルチェンジで新開発の低域と中域ユニットの搭載、新設計クロスオーバーネットワーク、キャビネットの内部構造の見直しなど大幅な改良が行われ、全体域にわたり位相特性と周波数特性、音楽信号の応答性が大幅に改善しています。

Classic100

JANコード4521296007321

税抜価格1,200,000円(ペア)

形式 3ウェイ3スピーカー、バスレフ型
高域ユニット 22mm広帯域ソフトドーム
中域ユニット 180mmEP77ポリマーコーン
低域ユニット 300mmベクストレンコーン
出力音圧レベル 89dB
クロスオーバー 490Hz、3.6kHz
インピーダンス 250mV/100kΩ
周波数特性
寸法/質量 25Hz~25kHz
最大入力 250W
入力端子 金メッキバナナプラグ対応、低域/中域/高域独立、4mm穴
外形寸法 横370×奥行433×高700mm
質量 36kg
※2015年5月現在。外観および仕様は改善のため予告なく変更することがあります。
BRAND
ブランド